【イベント開催中!】 ADVANTAGE アドバンテージ ホイール本体 EXACT [イグザクト] RACING 10 フル鍛造マグネシウムホイール カラー:シルバー VTR1000-SP1】SP2:ウェビック  - fa01a

2018-11-26

【イベント開催中!】 ADVANTAGE アドバンテージ ホイール本体 EXACT [イグザクト] RACING 10 フル鍛造マグネシウムホイール カラー:シルバー VTR1000-SP1】SP2カラー:ガンメタはこちら

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

■商品番号
5410R-H001-SS

■JANコード
4580340040905

■商品概要
【素材】材質】マグネシウム鍛造
【リムサイズ】
・フロント:350-17
・リア:600-17
【スプロケット】
・チェーンサイズ:530
・対応歯数:40

カラー:シルバー

■適合車種
▼HONDA
VTR1000-SP1】SP2

■詳細説明
軽量鍛造マグネシュームホイールEXACT(イグザクト)。
ホイール用素材として究極の軽さを誇るマグネシウム。
唯一の弱点はサビなどに対する耐久性です。
EXACTはベアリング部分をジェラルミン削り出し品にするなど経年変化を最小限に防ぐ工夫が盛り込まれています。
特筆すべきは『EXACT』はアドバンテージ社内での専用設計品であるということ。
オートデスク社の(MDT)3Dメカニカルディスクトップ3次元モデリングによるキャドシステムで多様なユーザーニーズをあらゆるシチュエーションを想定した設計シュミレーションをコンピューター上で確認出来るのがアドバンテージの最大のポイントです。
フル鍛遣ホイール(フルスペック)の時代モータースボーツの頂点に君臨するF-1マシンが開発テストモデル。最高とされるライバル達を越える事を宿命とした専用設計。
納得のいくテストと拘リを追求し、技術レベルと管理レベルが高次元で調和した最良の環境から生産されるストリート】レーシング用鍛造ホイール。
それがADVANTAGE EXACT(イグザクト)です。
・リム部分はスピニングによる熱間圧延鍛造とすることでさらに強度が得られました。またリムのタイヤの取り付けRは独自の理想的な弧を描いた製品になっています。
・デザインは回転に対する力を各方向において分散できるようなデザインとしました。
・ヤマハ車などETC内径の大きな車両に対し、基本的にはスタンダードディスクが取り付けられるようなアタッチメントを用意しています。
・テストは日本国内最高水準の企画を持つ大手企業のホイールのテストラボに依頼し、厳しいテストを楽々クリアしています。もちろんJWL対応です。
・塗装は特殊防錆加工を施した後にパウダーコーティング塗装。

■注意点
※ハブダンパーの交換は機種変更などには対応出来ません。(機種別専用設計ホイールの為)
※ホイールは非分解です。(修理に付きましてはアドバンテージ社にご連絡ください)。各自で分解されました場合には一切の保証は行えません。

カテゴリトップ > カスタムパーツ > 足回り > ホイール関連 > ホイール本体
【送料無料】ホイール関連 VTR1000-SP1】SP2 ADVANTAGE アドバンテージ 5410R-H001-SS
価格
373,248円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

一つ前に戻る
TOP
About Us
登録手続き及び出場認知証、記録証
山口県の陸上競技
競技会
県内の公認陸上競技場・コース
リンク
山口陸協について
理事役員・組織図
加入団体
一般競技者の登録手続きについて
出場認知証、記録証明書交付申請書のダウンロード
日程,開催要項
日程,開催要項(H29年度)
オンライン登録
田島直人記念陸上競技大会
記録
第15回(H30)記録
第14回(H29)記録
第13回(H28)記録
第12回(H27)記録
第11回(H26)記録
第10回(H25)記録
第9回(H24)記録
第8回(H23)記録
第7回(H22)記録
第6回(H21)記録
第5回(H20)記録
第4回(H19)記録
第3回(H18)記録
第2回(H17)記録
第1回(H16)記録
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
平成22年
平成21年
平成20年
平成19年
平成18年
平成17年
平成16年