Source Audio/SA141 Multiwave Bass Distortion ベース ディストーション【ソースオーディオ】:楽器de元気 - de413

2018-12-05

Source Audio/SA141 Multiwave Bass Distortion ベース ディストーション【ソースオーディオ】「ハイエンド」から「ぶっ飛び系」まで、これ一台。

Soundblox Pro Multiwave Bass Distortionは、ハイエンドなクラシック・オーバードライブ/ディストーションから、ファンキーなシンセ風サウンドまで、幅広いキャラクターを持つ23ものエフェクトタイプを搭載したベース用ディストーション。

それぞれのエフェクトはDRIVEコントロール、MIXコントロール(クリーン/ディストーション)、7-バンド・イコライザーによってキメ細かいサウンド・カスタマイズや飛び道具的な奇抜なサウンド・メイキングが可能で、ベーシストの要求にこれ一台で応えることが出来ます。また、多くのベース用エフェクターにありがちな低域のロスもありません。さらに、Source Audioが開発したマルチバンド・プロセッシングにより、複雑なコードプレイや速いパッセージでも、にごりのないクリアなサウンドを得ることが出来ます。

ユーザーがカスタマイズしたサウンドは2バンク/6ユーザープリセットエリアに保存し、本体のフットスイッチで瞬時に呼び出すことが出来ます。さらに、エクスプレッションペダルを接続することで、2つのバンク間のプリセット・サウンドをシームレスに切り換えることが出来るほか、外部MIDIコントローラーによるプリセット/パラメータのコントロール、そしてHot Hand モーションセンサーによるユニークなドライブ・コントロールなど、このモデルにしかない豊かな表現力とオリジナリティを兼ね備えています。


【Features & Specifications】

■23タイプのバラエティ豊かなディストーション&クリーンブースト/EQモード。
■入力信号をいくつかの周波数帯で分割し、それぞれを独立して歪ませる「マルチバンド・プロセッシング」。
■ナチュラルでハイ・クオリティなエフェクト・サウンドを実現する56ビット・デジタルサウンドプロセッシング(DSP)&24ビット・A/D-D/Aコンバーター。
■2バンク/6プリセットに保存したオリジナル・サウンドを、本体のフットスイッチで瞬時に呼び出し可能。
■ディープにサウンド・メイクを追及できる7バンド・イコライザー。
■エクスプレッション・ペダルを使用することで、まったく異なる2つのプリセット・サウンドをシームレスに切り換える「サウンド・モーフィング」。
■外部からプリセット/パラメータをコントロールすることができるMIDI IN。
■Source Audioの代名詞とも言えるHot Hand モーションセンサー(別売)を使用することで、腕の動きに合わせてドライブ量をコントロール可能。
■バイパス時は完全なアナログルーティングとなり、信号のロスを防ぎます。
■DC 9V アダプター付属
■サイズ 183mm(d) x 153mm(w) x 56mm(h)

 【まとめ買いでお得!10,000円以上送料無料!(一部地域を除く)】
カテゴリトップ > Effectors > 歪み系
価格
31,200円 (税込 33,696 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
要メーカー確認
品切れ中

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

一つ前に戻る
TOP
About Us
登録手続き及び出場認知証、記録証
山口県の陸上競技
競技会
県内の公認陸上競技場・コース
リンク
山口陸協について
理事役員・組織図
加入団体
一般競技者の登録手続きについて
出場認知証、記録証明書交付申請書のダウンロード
日程,開催要項
日程,開催要項(H29年度)
オンライン登録
田島直人記念陸上競技大会
記録
第15回(H30)記録
第14回(H29)記録
第13回(H28)記録
第12回(H27)記録
第11回(H26)記録
第10回(H25)記録
第9回(H24)記録
第8回(H23)記録
第7回(H22)記録
第6回(H21)記録
第5回(H20)記録
第4回(H19)記録
第3回(H18)記録
第2回(H17)記録
第1回(H16)記録
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
平成22年
平成21年
平成20年
平成19年
平成18年
平成17年
平成16年